傷の向こう側に隠された本当の自分のかけらを取り戻し、もっと自分らしく、ありのままの自分で誰もが生きてゆける世界を創造するために。 いま、ここ、私、を生きる。

一般社団法人 HITキャラクトロジー®心理学協会

山本 尚美さん メディカルインタビュー interview

山本 尚美

山本 尚美さん
2016年5月 ヒーラークラス卒業
2017年2月 認定メディカルヒーラー取得
以前からセラピストとして活動、2016年7月よりヒーラー/セラピストとして開業、skypeや電話でのセッションの他、リクエストに応じて全国で講座を開催中。

ーすごくハードな条件下でHITの講座に参加されていたとうかがいました。

はい。美穂子先生が開催されていた全18回の基礎講座(現在のベーシック1Dayの元となった最初の講座)のために、高松から名古屋まで通っていました。2時間半の講座が終わった後、夜行バスで高松に戻り、そのまま仕事というハードさです(笑)リレーションクラス(現在のアドバンスクラス)とヒーラークラスは東京で受講しています。

ーそこまでして山本さんを突き動かしたものは。

亡くなった親友が美穂子先生にお世話になっていたこともあり、いつか学びたいと思っていました。
何か、私の知らない本物がここにある! という思いを持っていたのです。

ーお住まいが遠方であるにもかかわらずヒーラークラスに進むと決めたときの思いを聞かせていただけますか。

ヒーラーになりたかったからです。
基礎講座を受けると決めたときそう思っていたかどうかは忘れてしまったのですが、少なくとも基礎講座の途中から……リレーションクラスを受けるときには確実に「ヒーラーになりたい」という思いで受講していました。 中でも私はホルモンバランスヒーリングを絶対に習いたかったのですが、なぜかというと、美穂子先生がかつてホルモンバランスヒーリング3回でご自身のPTSDを癒したとおっしゃっていて、「何だと~?」と(笑)。それは絶対に知りたい、と思ったのです。
その頃、私は他に本業を持ちながら副業としてセラピストの活動もしていたのですが、かつて「人間やめた」というくらいに苦しいPTSDを体験しており、同じような状態の方がもしもクライアントとしてやってきたらサポートする自信がない、とまだ感じていました。そこにアプローチするための方法をずっと探しているときに、ホルモンバランスヒーリングと出会ったのです。
かつてのPTSD体験は、ここがどこで自分が何歳で、ということがすぐにわからなかったほど酷い2年間で、話すカウンセリングも投薬も何も役に立ってはくれませんでした。その状態から幾つかの心の学びをし、「人間やめた」状態に陥る前よりも元気になって復活したのですが、キャラクトロジー®で、それまでわからなかったことがするすると理解できるようになりました。
たとえば私は「ハグ」が嫌いだったのですが、なぜ嫌いなのかが何をどう学んでも、どうしてもわからなかったのです。それがキャラクトロジー®を学んだら「スキゾイドの傷だったんだ!」とわかりました。 心理の世界ではスキゾイドの傷は取り扱ってもらえないので、スキゾイドベースの深い傷を持つ人は、なぜこうなってしまうのかがまったく理解できないまま、苦しみ続けてしまうのです。

ー現在はヒーラー/セラピストとして開業されていますが、どのようなサービスを提供されていますか。

地方在住ですので、主にSkypeを使った遠隔ヒーリングと電話でのカウンセリング・
セラピーのセッションを提供しています。また、HITキャラクトロジー®心理学の1Day講座やセルフアウェアネス・スキル取得講座をリクエストに応じて全国で開催しています。 ヒーリングは美穂子先生から学んだもの、カウンセリング・セラピーはHITの講座で学んだものとそれ以外に学んだものを、クライアントさんに合わせて必要に応じて組み合わせ、セッションを行っています。
私のところに来てくださるクライアントさんは精神的な不調を訴えられる方も肉体的な不調を訴えられる方もどちらもいらっしゃいますが、ヒーリングを行う際には、ホルモンバランスヒーリングとキレーションは必ず取り入れていますね。ヒーリング後、「寝るまでにはそれまでにあった痛みが消えていた」「精神的に落ち込み過食・拒食が復活しそうになったが、その衝動がおさまった」というご感想をいただいたり、また定期的にヒーリングを受けてくださった方からは、お仕事が順調に回り始めたという嬉しいご報告もいただいています。また、すごく深い心の傷があるけれど、それでも “今、この瞬間” を選択できるようになった、というフィードバックもいただいています。

ーまた、ヒーラーとして実際の医療現場でもヒーリングを始められたということですが。

はい。HIT認定メディカルヒーラーとして、千葉県にある神経科のクリニックで、投薬で効果のある症状の患者さんに対してヒーリング・セラピー・カウンセリングをさせていただいています。 お話をうかがうことと、一回あたりの時間が限られているため、基本的にはホルモンバランスヒーリングとキレーションをしています。カウンセリングでは、ヒーラーとしての学びがすごく役に立っています。その方のエッセンスが見えるのです。エッセンスの上が黒っぽかったり詰まっていたり、つまり “傷” がある。でも、傷はあるけれどもエッセンスは確かにそこにあるんだなあ、ということを感じながらお話を聴いています。
こちらのクリニックで研修させていただいて最初にびっくりしたのは、私の担当したのは研修がスタートして2週目だったのですが、1週目の担当ヒーラーさんのヒーリングの効果が患者さんのオーラにはっきりと現れていたことでした。どよんと澱んだ感じが本当に少なかったのです!

ーこれからの展望を教えてください。

現在の研修先以外でも、ご縁があればメディカルの現場でもヒーリングを提供してゆきたいです。そして私は特に、スキゾイドの傷に苦しんでいる方に主にヒーリングを提供してゆきたいと思っています。 なぜなら、先ほども少し触れましたが、心理の世界ではスキゾイドの傷は取り扱ってもらえないからです。 だから、スキゾイドの深い傷を持っている人は、なぜ自分が、なぜ自分の人生がこうなってしまうのかが本当に理解できないまま苦しみ続けているのです。でも、キャラクトロジー®の概念を知り、トラウマについて、心のしくみについて理解できると、自分で自分をサポートし、その苦しみを自分で終わらせることができるーーー そこをサポートするヒーラーとしてどんどん活動の場を広げてゆきたいと思っています。

 

認定メディカルヒーラー紹介ページに戻る

公開日:
最終更新日:2017/04/14