一般社団法人 HITキャラクトロジー®心理学協会

「身体・現実の法則」について Law of body and reality

癒しとは、どういう状態をさすのでしょうか。辞書で調べてみるとこうありました。【癒し】精神的な不安定やいらだちなどを鎮めて、平安な気分にさせること。ヒーリング。(『新明解国語辞典』より)

headphones symbol Valentine red heart

つまり、仕事や恋愛、お金に関する悩みといった現実的な不具合を前にして起こる「感情的反応(止まらない怒り、思考グルグル、無力感など)」が消えて、目の前の現実をそのままの事実として、平安な気持ちで受け入れることができる。自らの魂を成長させ、そのような状態を目指しているからこそ、私たちは「癒し」を求めるのかもしれません。

romantic candle light

今、ちまたにはさまざまな癒しの手法があふれています。それでもまだ「私は癒されていない」「私には癒しが必要」と感じている人たちが数多くいるのはなぜでしょうか。実は癒しというのは、1つのメソッド、方法だけをやっていればよいというものではなく、多方面からの癒しを進めることでようやく1つの傷(トラウマ)が癒え、それを根源として起こっている現実的な不具合を目の前から消すことができるのです。

真の癒しを得るためには、「身体・現実の法則」「感情・愛の法則」「精神・心の法則」「霊的・魂の法則」「エネルギー的・宇宙の法則」という5つの法則を理解し、5つの方面からそれぞれアプローチして、癒していく必要があります。

Creativity and innovation

なぜなら、私たちが子どものころにつくってしまった傷というのは、肉体的な反応、感情的な反応、精神的な反応、霊的法則からくる反応、エネルギー的な動きによる反応という5つの側面から形作られているからです。

最終的に、この5つの側面からの癒しを終えれば、その傷に由来する現実の不具合は、あなたの人生から消えます。たとえそれが、いじめやレイプ、虐待といった本当に痛い傷であったとしても。地道に、着実に自分を癒していくことで、私たちはそれぞれが本当に望む愛や幸せや喜びを、手に入れることができるのです。

fig_身体現実_4

ここでは「身体・現実の法則」について、キャラクトロジー心理学協会理事長の山本美穂子がご説明します。

子どもの頃につくってしまった傷を感じないようにしていたり、さまざまな感情をブロックしたりしていると、体調不良に悩まされたり、病気になったりすることがあります。また、自分では「こうしよう」と思って何かをするのに、思い通りに進まなかったり、ある日突然「なぜこんなことが起こるのだろう」というような出来事が起こってきたりします。

little child girl crying and sad about brick wall

現実に関わる法則はとてもシンプルで、自分の内側の世界がそのまま外側の世界に現れているということ。そして、目の前にある現実をジャッジ(ジャッジ……批判したり、あれこれ分析したり、“裁く”こと)することなくそのまま受け入れることができるようになると、その現実について「ああ、こういうことなのか」という認識が私たちにおとずれます。それによってはじめて、私たちは現実に起きた出来事を心から理解できるようになるのです。

現実に起きていることは、自分の内面世界の反映である。このことを真に受け入れることができれば、苦しい現実を解きほぐし、変えていくことができます。誰もができる、そのための方法というのが、この世に確かに存在するのです。自分を癒して現実を変えていく。これを現実的かつ論理的なやり方で、確実に体感していく方法をここではご紹介します。

connection

ただ、残念なことにいつまでたっても自分自身の現実を受け入れず、「いや、これは絶対にあの人がおかしい」とコントロールしようとしたり、「その考えは絶対に受け入れない」と拒絶したり、「もうどうでもいいや」と見ないふりをしたりしていると、現実はさらに歪み、より大きな混乱がつくり出され、事態は一層悪くなっていきます。ですから、まずは目の前の現実を受け入れ、自分の内側の世界が外側の世界に投影されていると理解することが、とても大切なのです。

現実を歪ませて事態を悪くしないために、あなたができること

たとえば上司との人間関係に悩んでいる人がいたとしましょう。「上司に怒られてばかりいるから、もう会社に行きたくない!」というスタンスにい続けることは、さらなる混乱と歪みを招き、事態を悪化させます。

Girl with cage on her head looking anxious at camera

そうではなく、まず、上司に怒られているという事実を一度受け入れてみるのです。そして、その出来事が起きているとき、自分の身体に何が起きているかを感じてみてください。「首が締められるような感じがする」「眉間がカッとなる」など、身体的な反応があるはずです。そこに気づいていくのはとても大事な要素です。

さらに、「いつもあの人はああいうやり方をする。本当にイヤ!」「ああ、なんて私はだめなんだろう」などのジャッジを入れることなく、「こういう出来事があった」というその出来事の事実だけをそのまま受け入れることも大切です。

Cage for bird at sunset

それと同時にここで注意しなければならないのは、「いつもああだから、きっと次もそうに違いない」「今こうなったということは、きっとこうなるはず」というイメージで頭がいっぱいになり、そこからグルグルと思考し続ける状態にならないようにすることです。グルグル思考をすることもなく、ありのままにその出来事を見つめ、「失敗した原因は、ここだ」というポイントがわかると、「じゃあ、次はこうしてみよう」と、自分がどのようにしたらいいかがわかるようになります。

けれども、そのときに怒られていることを受け入れられなかったり、混乱したり、どうにか現実を変えようとしたりすると、この流れが阻害されてしまいます。そうなると、事態はどんどん悪化していきます。

そうではなく、怒られているなら、まずはそれを受け入れて、どのポイントを相手は怒っているかを見つけること。そのように見ていくと、その出来事は自分の失敗からきているのか、それとも、相手の誤解からきているのかが、見極められるようになっていきます。

fig_身体現実_9

それはあなたの問題? それとも相手の問題?

上司が自分のほうを見ている視線を感じた瞬間に「あ、怒られる!」と首がすくむような感じがする場合は、その人の中にあるトラウマの傷が、上司からの視線によってうずき、感情的反応として出ているといえます。一方、上司に言われた通りに資料を仕上げたのに「ちがう!」とヒステリックに怒られた場合は、その上司の中にある傷が、あなたの態度もしくは資料の中の何かに反応して、感情的反応を起こしている可能性があります。

このようにその場の状況を俯瞰して見て、ノージャッジで受け入れることによって、自分のどのような誤解から、もしくは相手のどのような誤解から、その出来事が起きているのかが見えてきます。そうなると、その出来事の責任の所在が自分にあるのか相手にあるのかが明確になってくるため、どのような対応をとったらよいかもおのずとわかってきます。

Print

もし、自分にミスがあったとしたら、責任の所在は自分にあるということを受け入れ、「すみませんでした」と謝り、それを挽回するために何をしたらよいかを見つけて、実行していくこと。それが自分の責任を果たすということです。

なお、その事態が相手の反応によって引き起こされているのだとしたら「あなたはそのように感じているのですね」「それはあなたが引き起こしたことですよね」と、心の中でそっとバウンダリー(境界線)を引いて。自分自身が必要以上の責任を取ったり、相手の感情のお世話をしたりする必要はありません。

もし「そうはいっても、会社だからそんな風にはできない……」「私はこういう扱いを受けるしかない」などと思っているとしたら、あなたの中の何かしらの傷がそこに絡んできているといえます。

,

現実の出来事と、それに付随している自分の身体の感覚、そこから湧き起る感情などに好奇心を持ちながら、自分の状態をありのままに見ていく。そして、そこからの気づきをもとに、現実の不具合を自分が望むほうへと転じていく。言い換えれば、グラウンディングして「今、ここ」にある現実を受け入れること。過去に引っ張られることなく、未来に流されることなく、「今、ここ」にいること。

それが、「身体・現実の法則」です。

「身体・現実の法則」への理解を深めることで、今、どのような状態であったとしても、誰でも現実を変えていくことができるのです。

Young businessman

■「身体・現実の法則」の癒しをサポートする学び

【キャラクトロジー心理学では】

●心の仕組みを学ぶ「キャラクトロジー1day講座」

・ベーシック講座 https://lp.characterogy.com/basic
・子育て講座 https://lp.characterogy.com/parenting
・恋愛講座 https://lp.characterogy.com/love

●不具合な現実をつくるトラウマの場所を特定する

・SAS(セルフアウェアネススキル) https://characterogy.com/schedule/?course=sas1

●変化のスピードを促進させる「ヒーリング」

ヒーリングができる講師が掲載されています。そちらから講座にお申し込みください
https://characterogy.com/healer/

【一般的な癒しの手法では】

●アロマセラピー、リフレクソロジー、エサレンマッサージ、ディープティシューマッサージ、ロルフィング、クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)、EFT(エモーショナル・フリーダム・テクニック)、リンパドレナージュ、アーユルヴェーダ、ロミロミ、タイマッサージ、バリニーズマッサージ、中医学、鍼灸、キネシオロジーなど、セラピストが身体に触れて施術するもの
●アニマルセラピー
●瞑想、ヨガ、呼吸法、気功など、「今、ここ」にグラウンディングすることを助けてくれるもの

公開日:
最終更新日:2019/09/13