一般社団法人 HITキャラクトロジー®心理学協会

「感情・愛の法則」について Law of Emotion / Love

癒しとは、どういう状態をさすのでしょうか。辞書で調べてみるとこうありました。【癒し】精神的な不安定やいらだちなどを鎮めて、平安な気分にさせること。ヒーリング。(『新明解国語辞典』より)

headphones symbol Valentine red heart

つまり、仕事や恋愛、お金に関する悩みといった現実的な不具合を前にして起こる「感情的反応(止まらない怒り、思考グルグル、無力感など)」が消えて、目の前の現実をそのままの事実として、平安な気持ちで受け入れることができる。自らの魂を成長させ、そのような状態を目指しているからこそ、私たちは「癒し」を求めるのかもしれません。

romantic candle light

今、ちまたにはさまざまな癒しの手法があふれています。それでもまだ「私は癒されていない」「私には癒しが必要」と感じている人たちが数多くいるのはなぜでしょうか。実は癒しというのは、1つのメソッド、方法だけをやっていればよいというものではなく、多方面からの癒しを進めることでようやく1つの傷(トラウマ)が癒え、それを根源として起こっている現実的な不具合を目の前から消すことができるのです。

真の癒しを得るためには、「身体・現実の法則」「感情・愛の法則」「精神・心の法則」「霊的・魂の法則」「エネルギー的・宇宙の法則」という5つの法則を理解し、5つの方面からそれぞれアプローチして、癒していく必要があります。

Creativity and innovation

なぜなら、私たちが子どものころにつくってしまった傷というのは、肉体的な反応、感情的な反応、精神的な反応、霊的法則からくる反応、エネルギー的な動きによる反応という5つの側面から形作られているからです。

最終的に、この5つの側面からの癒しを終えれば、その傷に由来する現実の不具合は、あなたの人生から消えます。たとえそれが、いじめやレイプ、虐待といった本当に痛い傷であったとしても。地道に、着実に自分を癒していくことで、私たちはそれぞれが本当に望む愛や幸せや喜びを、手に入れることができるのです。

fig_身体現実_4

ここでは「感情・愛の法則」について、キャラクトロジー心理学協会理事長・山本美穂子がご説明します。

感情というのは、震えや熱さ、冷たさなどの体感覚を伴って表現されるものです。そのように表現されないと筋肉の中に滞り、感情のブロックとなってしまいます。でもなぜ、感情のブロックができてしまうのでしょうか。

その理由は、私たちは瞬間的に、同時に、いくつもの感情を本当は感じているからです。そして、それが相反する感情だった場合、非常に困惑することがあります。たとえば「愛と憎しみ」もしくは「怒りと愛」だった場合、その両方を同時にどうやって感じたらいいのか、わからなくなり、混乱するのです。

Mamas Ksschen

トラウマの傷ができた頃の自分、つまり乳飲み子や幼児だった自分に、こうした感情を両方持てといっても、それは無理というものです。そのときに身体が止まって固まり、自然に感情が流れることを阻害します。逆をいえば、感情をただ流れるままにしていれば、ブロックにはならないということです。

Feeling lonely at her party. Happy little girl looking at the birthday cake and smiling

身体の中にブロックとなって留まった感情は、エネルギーや血液、体液などさまざまな流れを停滞させます。しかし、そうした停滞をなくし、もとの状態に戻そうとする自然の働き(恒常性ともいいます)が、ブロックとなっている感情をリリースするのに最適な方向に向かって動き始めます。これにより私たちは、自分が避けようとしている出来事をさらに引寄せてしまうのです!

そのため、感情を感じない、もしくは見ないふりをしていると、その感情に気づかせようという現実が、だんだんと規模を大きくしながら目の前に現れるようになってきます。

fig_感情愛_7

「憎しみ」「怒り」を感じなければ「愛」「喜び」も感じられない

たとえば、「憎しみ」や「怒り」など、自分では認めたくない感情があらわれようとしたときに、そうした感情を強い力で抑え込もうとする働きを「感情的反応」といいます。あることをきっかけに、我を忘れるほどキレてしまう、号泣してしまう、無力に陥って動けなくなってしまう……そんなことはありませんか?

自分の中にある「感じたくない感情」を刺激するような出来事があると、私たちは無意識のうちにこの感情的反応をしていますが、感情的反応を続ければ続けるほど、身体のある特定の部分が固くなり、そこがブロックとなっていきます。

Toy rabbit in decorative cage  on wooden table, on brown background

さらに、それと同時に「愛」「喜び」「幸せ」といった感情も感じられなくなっていくため、その結果、いつまでもネガティブな現実を引寄せ続けることになるのです。私たちは、一番強く感じている感情に似た性質の現実をつくり続けています。場所が変わっても、人が変わっても、いつも同じようなパターンの出来事ばかり起こるのはそのためです。

一方、同じ場所で同じ出来事に遭遇しても、そこにいる人たちの内面世界の形によって、感じ方というのは千差万別です。そのため、一人ひとりの中で繰り広げられている現実はまったく違うものであるのです。そしてこのことが、愛し合っている二人の間に深い溝をつくり出す原因となります。同じタイミングで、同じ感覚、同じ感情を共有できないことから、お互いに相手とは「わかり合えない……」と誤解し、それぞれが孤独に陥ってしまうのです。

感情の自動反応で愛し合う2人が孤独に陥る理由

,

パートナーとのケンカが増えて、お互いに「ちょっと、もう距離を置こうか」というくらいの状況になったことがありました。それなのに私は出張先で、「前から約束していたから」という理由だけで、相手のためにリュックを買って、それを持って帰ったのです。これって、何かがおかしいと思いませんか?

このとき、無意識で「買って帰る」という自動反応をしていたのですが、現実的に考えると、何もそんなことを、そんな状況下で、する必要はないわけです。「何かおかしい感じがする」という感覚と、「ケンカしている相手との約束なんて、守る必要ないではないか」という感覚はあったけれど、そのバッグを相手に買って帰らなければ「すごく心残りだ」という感覚が強くて、なぜか買って帰ってきてしまったのです。

そこで、よくよく自分の内側を見ていったら、母親とのやり取りを思い出しました。母はマゾキスト、私はオーラルタイプだったので、言葉や態度を通して母が私を“引っかけて”きて、私が怒るという出来事がよくあったのです。

Little girl shows stop

そうして私が怒ると、母はまるで贖罪するかのように、いつも物を買ってくれました。それに気づいたとき私は、「ああ、自分はこれを彼にそのままやっているのだな」とわかったのです。

ケンカしたら、何かものを買ってあげる――今まではそれがあまりにもオートマティックな反応として私の中に起こっていたために、相手は「あ、優しくしてくれた。よかった
~!」「機嫌、直ったのかな?」と誤解して私に接してくるわけです。それでも私は気持ち的には怒り続けているので、当然怒ったままの態度で返してしまう。すると、相手は混乱し、内面で「え……? また裏切られた」という反応が起こってしまうのです。

Cute 6 years old boy looking through the window

こうしたことが瞬時にお互いの内面で起こるがために、愛し合っている2人であるにもかかわらず誤解が生じ、仲たがいをしてしまうなんて、ものすごくせつないことだと思いませんか。

学びや気づきを日常生活の中に生かして変化を体感する

こうした状況を改善する、そのスタートとなるのは、感情的な自動反応でおかしなことをしてしまっている自分に気づくこと。そして、それをやってしまった自分を責めないこと。自分を責めるというのは、「そこから一歩も動かない」ということでもあるからです。ですから、そうした自分の自動反応に気づき、本当の自分自身へと立ち戻っていくことが、「感情・愛の法則」では非常に重要なポイントとなります。

apples close together with a red thread of destiny

さらに、気づいただけでは十分ではありません。大変残念なことですが、学んで気づいただけで、幸せになれるわけではないからです。真に自分を幸せにしてあげるためには、自分が得た学びや気づきを日常の生活の中でどんどん活用し、これまでと違った態度で現実と接しながら、新たな世界を自分から創造していく。「感情・愛の法則」を理解していくためには、こうした試みが必要不可欠です。

■「感情・愛の法則」の癒しをサポートする学び

【キャラクトロジー心理学では】

●安心・安全な場で感情を感じる

プロセスグループワーク https://characterogy.com/schedule/?course=process

●不具合な現実をつくるトラウマの場所を特定する

SAS(セルフアウェアネススキル) https://characterogy.com/schedule/?course=sas1

●心の仕組みを学ぶ「キャラクトロジー1day講座」

・ベーシック講座 https://lp.characterogy.com/basic
・子育て講座 https://lp.characterogy.com/parenting
・恋愛講座 https://lp.characterogy.com/love

●変化のスピードを促進させる「ヒーリング」

ヒーリングができる講師が掲載されています。そちらから講座にお申し込みください
https://characterogy.com/healer/

【一般的な癒しの手法では】

●アロマセラピー、ロルフィング、ロミロミ、クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)
●ホメオパシー、バッチフラワー、オーラソーマ、音叉、フィトセラピー、アニマルセラピー、ヒプノセラピー、アートセラピー、音楽療法
●瞑想、ヨガ、レイキ

公開日:
最終更新日:2019/09/12