一般社団法人 HITキャラクトロジー®心理学協会

夢の現実化を加速させる「意図」の立て方BLOG

   

大好評の代表山本美穂子による一斉遠隔インテンション・ヒーリングを【無料で】不定期開催中!

そして今日は、この一斉遠隔インテンション・ヒーリングを効果的に受けるための方法をお伝えします。

みなさまおひとりおひとりに書いていただいたヒーリングを受けるにあたっての「意図(インテンション)」を山本美穂子がハートにホールドし、毎回ヒーリングセッションを行っていますが、この「意図」が願いを叶えるための重要なポイントだと気付いていますでしょうか?

夢を叶えるためには、まず夢が何であるのかを正しい方法で決める必要があるのです。

 

★夢の現実化を加速させる「意図」の立て方★

<POINT.1> 自分が決める(誰かにお願いするものではない)

そもそも「意図を立てる」とは「~になりますように」という願い事をすることではなく、決意や覚悟のことで、その2つの大きな違いとは「“誰か”に叶えてもらう」のか「“自分”がそれをすると決める」のかの違いです。

あなたの願いを現実化するのは最終的にあなた自身。
あなただけが自分の幸せに責任を持つことができるのです。

<POINT.2> 「~したい・ほしい」はNG

意図を立てるとき、「~する・やる」という書き方は「~したい・ほしい」という書き方よりも強力です。(というのか、後者は意図ではありません)
なぜなら「~がほしい」と言葉にしたとき、同事に「手に入れない」というところに意図が立っているからです。

<POINT.3>どういう状態に身を置きたいか?を考える

意図を立てると、その意図に向かってチューニングされるように現実が動きはじめ、意図を立てたその状態が保持されます。

例えば「私はいつも喜びの方に向かって行く」という意図を立てれば、「向かっている状態」が保持され、常に追い掛けることになるのです。
「喜びを感じる」の方が適切かもしれません。

 

いかがでしょうか?
ヒーリングをより効果的に受けるために、今回のポイントをヒントに意図を立ててみてくださいね。

 

★無料★内なる願いを現実化する・半影月食と満月の夜の【一斉遠隔インテンション・ヒーリング】

次回は10/20 新月の夜!申し込みはこちら→

 

 -