キャラクトロジーコーチングテクニック(CCT)

  1. HOME >

キャラクトロジーコーチングテクニック(CCT)

白黒はっきりつけたくて自爆しがちなあなたには
「キャラクトロジー・コーチングテクニック」

白か黒か、勝ちか負けか、など、どちらかしかない/どちらかに決めなければいけないと思ってしまう……実はこれは、“葛藤” を持ちこたえることができず混乱したままの「子どもの意識」のしわざです。子どもの意識とは、その葛藤を持ちこたえることのできなかった幼い瞬間のまま今なおあなたの中で存在を主張している幼い意識のこと。HIT独自のキャラクトロジー・コーチングテクニックは、今のあなた=大人のあなたの意識を使い、子どもの意識を癒し今に統合するためのスキルです。

こんな方におすすめ

  • どちらかを選ばないといけないのにいつも選べずに立ち止まってしまう
  • すぐに無力感に陥り、あきらめてしまいがち
  • 白か黒かはっきりさせないと気が済まない
  • 周りの人にも白黒はっきりつけることをつい強要し、自爆したことも
  • 欲しいと思っていたものが目の前に来ると、なぜか遠慮してしまう

SAS、STSと何が違うの?

現実のうまくいかない出来事の下にある思考と信念体系にアプローチするSAS、意図にアプローチするSTSとはまた違い、キャラクトロジー・コーチングテクニック(CCT)は、うまくいかない出来事の下にある葛藤にフォーカスを当て解体することのできるスキルです。

セッションを受けると何が変わる?

葛藤とは、たとえば「欲しい けど 要らない」「好き だけど 嫌い」「愛してる けど 憎い」といった、まったく性質の違う2つのものを比べてどちらかしか選べない、どちらかを選ばなければいけないと“誤解”している状態のことです。
子どもの頃の幼い意識の誤認からこの葛藤は生まれますが、CCTを使えば、その誤認を真実と置き換え、幼い意識を現在の大人の意識と統合することができます。すると葛藤を持ったまま第三の選択肢を選ぶことができるようになり、葛藤と混乱が渦巻いていた心が平和と穏やかさで満たされてゆきます。

キャラクトロジーコーチングテクニック(CCT)

美穂子先生
CCTは、恋愛キャラクトロジーの中のコンテンツの一つです。プラクティショナーとして提供したい方は恋愛キャラクトロジーマスターを目指してくださいね。クライアントとしてセッションを受けることはどなたでも可能です

キャラクトロジーコーチングテクニック(CCT)セッション

お申し込み方法
対象 どなたでも可能
カウンセラー 認定CCTプラクティショナー
お問い合わせ 希望の認定CCTプラクティショナーへセッションをお申し込み下さい。

認定CCTプラクティショナー

キャラクトロジーコーチングテクニック(CCT)

キャラクトロジーコーチングテクニックは恋愛キャラクトロジー1Day講座の中で学べるスキルです。

プラクティショナーに興味がある方は、恋愛マスター養成講座を受講してください。

受講生の声

CCTが学べる恋愛キャラクトロジー1Day講座を受けた方の感想はこちら

続きを見る

 

 

Copyright© 一般社団法人 HITキャラクトロジー®心理学協会 , 2020 All Rights Reserved.