一般社団法人 HITキャラクトロジー®心理学協会

認定子育てグランドマスター紹介 GRAND MASTER

子どもの心専門家   中村敏子(ろっこ)(☆ Life Light Love 子ども研究所 )

子どもの心専門家   中村敏子(ろっこ)

地域 新潟(長岡市)
修了コース ★ベーシック1Day講座
★ベーシックマスター養成講座
★子育て1Day講座
★子育てマスター養成講座
★子育てグランドマスター養成講座
★恋愛1Day講座
★恋愛マスター養成講座
★バウンダリー講座1(セット・バウンダリー編)
★バウンダリー講座2(ドロー・バウンダリー編)
★バウンダリーマスター養成講座
★身体とこころとオーラの心理学講座 アドバンスクラス
★身体とこころとオーラの心理学講座 リレーションクラス
★セルフアウェアネススキル・レベル1
★セルフアウェアネススキル・レベル2
★セルフアウェアネススキル・レベル1トレーナー
★セルフアウェアネススキル・プラクティショナー
★セルフトランスフォーメーションスキル・レベル1
★ブレイントランスフォーメーションスキル・レベル1
★ブレイントランスフォーメーションスキル・レベル2
★ブレイントランスフォーメーションスキル・プラクティショナー
ブログ http://ameblo.jp/nijinoko7716
リザスト http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/13301
プロフィール

子どもの心専門家、マインドフル子育てひろば「にじの森」主催
スピリチュアルヒーラー、箱庭セラピスト、花療法士(フラワーレメディ)経絡療法士、心理学講師 
養護学校(今の特別支援学校)勤務経験あり

サロン Life Light Love

キャラクトロジー子育てグランドマスター、クリエイター、ベーシックマスター、恋愛マスター、SASプラクティショナー、BTSプラクティショナー、バウンダリーマスター


マイストーリー

私の人生が幸せから暗闇へと全てが逆転してしまったのは、最愛の息子の死がきっかけでした。
息子は重度障害児であり、病弱で入退院を繰り返していましたので、入院中にお友達が亡くなったりしていたこともあり、私の中ではずぅっと覚悟していたことでした。私は息子を亡くしても、息子を過ごした日々を活かして何かをやっていくつもりでいました。

ところが実際に息子が亡くなってみると、予想もしていなかった自分になってしまっていました。
もう世界が全く別物に見えるんです。ほんとに白黒の世界。元のあの世界はどこに行ってしまったんだろう?という位、同じ世界に住んでいるとは思えませんでした。
それまで楽しんでいたこと全てがフラッシュバックを起こすものに変わっていました。近所を歩くことも、息子を思い出すので出来ず、テレビも新聞もパニックを起こす元になりました。

通常のカウンセリングでは全く何も変わらず、心療内科の薬は副作用が出るばかり。そう言えば、と学生時代から興味があった箱庭療法に通い始めました。
箱庭に2年程通い、外に出られるようになったので、東京方面に勉強に通うようになりました。
この頃に不思議なことが起こり続け、スピリチュアルな世界やヒーリングなどにも巡りあいました。
さまざまな心理療法についても学び、だいぶ立ち直った感じもし、よ~し、これからは人生を楽しむぞ!となったのですが、そういう矢先にますます私がパニックになるような出来事が起きてしまうのです。さすがにもう気力も出ず、もうダメ、、となった時に、友達が紹介してくれたのが山本美穂子さんでした。

訳も分からずプロセスワークに参加したり、キャラクトロジーを学びに東京に通いました。
最初は全く何をやっているのかも分からず、でしたが、紹介してくれた友達を信じていましたので、きっと自分に必要なことなのだろう、と通い続けました。最初は何だかネガティブなことばかり聞かされるので、うんざりとなりながらも、不思議とやめる気持ちにはならずに通いました。自分にはこれしか残っていない、と感じていたのかも知れません。

ところが、続けているうちに何となくパニックになることが減っていきました。
私はスキゾイドのディフェンス(防衛)が強いんだということを知り、グラウンディングを練習するようになりました。グラウンディングと言っても、スピリチュアルなワークで習う方法とはちょっと違います。身体の感覚や感情を感じるということをします。
相変わらず訳も分からずにいましたが、すこ~しずつ何かが変わり始めました。
何だか、キャラクトロジーそのものはあまり好きではないにも関わらず、やっぱり自分には必要と感じ、なんのかのと言いつつも勉強を続けて来ました。

人生のベースがお腹の中にいる時から5.6歳までの、主に親子関係で作られることを知り、その頃に感じられなかったことや誤解したことが人生に再創造されることを知り、ネガティブな気持ちが湧いてきてしんどい時にはひたすら自分を見るということを続けて来ました。
すると、ある時期から、なんとな~く、いろんな出来事に反応しないでいられる自分を発見したのです。反応はあるのですが、動揺しなくなるというのか、飲み込まれなくなるのです。

学んでいるうちに、人生の仕組みというものが見えて来ました。
なぜ生まれて来て、こうしているのか、なぜ辛いことが起きるのか、最初は納得できなかったものの、最近は、自分の課題をクリアにする、と意図して日々を送っています。
すると、起きて来る一見ネガティブな出来事が、私に対するお知らせくらいにしか感じなくなって来ました。あ~、そこがまだ残っていたんだ、知って良かった!という感覚です。もちろんまだまだ人生の終わりまでクリアにする作業は続くと思います。
息子を亡くして以来、人生から逃げたい、逃げたいとひたすら逃げることばかり考えていた私ですが、最近はそこはだいぶ通り抜けたようです。

今は自分の学んで来たことを活かし、主に子ども達をサポートしていきたいと考えています。
ですが、子どもが幸せになるには結局、周りの大人が変わっていくことが必要であり、両面からサポートしていきたいと思っています。

何でこんなことをしたいと思ったのか? それは私自身の問題を何とかしたいと思い、体験したり学んだりしたことを活かしたい、と思ったこともありますが、息子と入院中に、息子よりも色んなことが出来、楽しいはずの一般の子ども達が何だかイキイキしていないことに気づいていて、何でだろう??と疑問に思っていたからなのです。
息子には今日を楽しんでくれればそれでいい、と思い、人生を楽しむことを一緒にして来ました。人生を楽しんでくれたことが私の良き思い出であり、救いでもあります。その感覚を一般の子ども達にも知ってほしいという想いが強いのです。



「子どもの心専門家   中村敏子(ろっこ)」に問い合わせメッセージを送る

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

住所

電話番号 (必須)

お問い合わせ種別 (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

公開日:
最終更新日:2019/09/19