一般社団法人 HITキャラクトロジー®心理学協会

キャラクトロジー心理学を実際に学ばれた方からの評判と感想〜仕事、人間関係、恋愛、家族関係などの変化①INFORMATION

      2020/03/27

 

このページでは、現在のベーシック1Day講座の前身である半年間の『身体と心とオーラの体験型心理学講座』を受講された方からお寄せいただいた感想をご紹介します(一部、半年間×複数回リピート受講された方も含まれます)。

同講座は、岐阜、名古屋からスタートし東京に飛び火し、その後わずか数年で松本や大阪、札幌、松山など全国各地で開催されるようになった人気講座で、この講座の内容のエッセンスをギュっと濃縮したのが1Day講座です。

学ぶ前はどうだったか、学んでどう変わったか、実際の“ビフォーアフター”をお聞きしていますので、きっと参考にしていただけると思います。

 

Recontre en ligne

 

目次

F.Y.さん(女性)

受講のきっかけ

自分が、人生で頭打ちを感じ、自分自身の考え方、感じ方、認知の仕方を一度根本的に見直さないと、次に進めないと感じたからです。そのような時に、本講座の体験会の情報を聞き、ピンときてすぐに体験会を申し込み、体験会でいっぱい質問し、これは、今の自分に必要と感じて受講しました。

受講前に持っていた「不幸感」

受け身状態、被害者意識、どうしようもできない、無力感、罪悪感、それらからくる自信のなさ

受講を始めてからの変化

愛というものを感じること。気持ち悪さを感じること。感じることをしていなかったことを思い知らされました。もっと自分の身体に意識がいくようになり、自分の世界が大幅に広がりました。同時に、自分が知らなくてもいい世界があることもわかりました。
ハイヤーセルフに入った体験は、感動的でした。自分でハイヤーセルフに入れるし、自分でバウンダリーも引けるし、自分で感情的反応をグラウンディングで流すことができるようになりました。

特に聞いて欲しいエピソード

自分がオーラルが強いことがわかり、さらに、根本的な傷となっている父親との関係において、父に心から謝ることができたし、父親の深い愛を実感できたこと。これが幼少期から30年以上ずっとしたかったのだということが受講1年かけてよくわかりました。今は父親との関係が大変よくなり、あと、父親の代わりにしていた叔父を感謝して手放すように、また、自分はもっと自立して生きるように心がけています。ありがとうございました。

 

K.M.さん(女性)

受講のきっかけ

まさかここまでの事が学べる内容だとは思っていませんでしたが、ヒーリングについて学びを深めたいと思っていた時期だったのと、以前に美穂子さんの講座を受講して、その内容の凄さと面白さを知れたので、この人からもっと色々学びたいと思っていたら、今住んでいる地域で受講できるという流れがやってきたので少し驚きながらも本当にありがたく申し込みをさせてもらいました。

受講前に持っていた「不幸感」

私は人に無神経だったり失礼な言動をしてしまう事があって、その事ですごく好きなその相手を悲しませたり怒らせてしまうという劣等感や罪悪感のようなものを持っていました。すごく気を回せる部分も全然無くはないのに、たまにうっかりそんな事をやってしまっていたので、本当は人の気持ちを分かってあげられない愚かな傲慢な人間なのだと自分の事を思って落ち込んでいたりしました。
あとは、人は自分の事を理解してくれなくて寂しい、悲しいという思いや、「私は1番欲しいものだけが手に入らない」という絶望感を長年抱えていました。

受講を始めてからの変化

人との関係性という面でずいぶんと余裕が出てきました。
人との事以外で何かあっても、あまり落ち込むという事もなくなって、前向きな反省ができるようになってきています。そして、私のこの学びと経験が、他の人も癒したり楽にしてあげられるという確信と自信が大きくなった事も嬉しいです。

特に聞いて欲しいエピソード

周りで目にする人が強く持っているキャラクトロジーが理解できたり想像できるので、「なるほどな」とそこに起こっている事から学ばせてもらっていたり、このタイプにはこう接するという対応が少しずつ分かってきていてとても便利です。あとは自分の事も人の事も、怒る事はあっても、悪いとか駄目だとか本当には思えなくなってきました。誰もが痛い傷を抱えてきたのだと、慈悲だったり愛おしく思う気持ちが感じられるようになってきました。

 

N.K.さん(男性)

受講のきっかけ

腰痛でシーターヒーリングの勉強をしていましたが最後のほうで思考のブロックが問題となってきましたがいまいち自分の思考は何だろうと考えるとはっきりしない部分がありました。そこに心理学的アプローチから自分を理解していくのはとっつきやすくて面白いと感じました。また心理学講座を受ける前にプロセスワークを受けましたがそこでの感情処理が素晴らしくますます講座を受けてみたくなりました。

受講前に持っていた「不幸感」

思考のブロックを考えるとき人は何を考えても自由であろうにと考えてしまうと、自分の思考は何だろうかという意欲に欠けてしまいます。その点心理学的アプローチは有名なフロイトの論理から入っていくので分かりやすいと思いました。また生育歴から入っていくので自分自身をあらためて見直していくので自分自身とは何か?という問いに答えてくれる面もあり親しみを感じます。

受講を始めてからの変化

生育面からの性格の構築の仕方、また人間の在り方を体感、感情、思考と構造分析してくれたり、感情の在り方に自分本来の感情と環境や人のせいにして表現する感情的反応があることを教えていただきより人間を理解しやすくなったと思います。

特に聞いて欲しいエピソード

より深く人間を理解できるようになり相手の気持ちを感じやすくなりました。
人間をより深く理解できるようになると物質的でなくエネルギー的に人を見れるようになっていく気がします。ありがとうございました。

 

Regeneration

 

K.M.さん(女性)

受講のきっかけ

美穂子さんの30分無料セッションを受けたのが受講の決め手でした。美穂子さんの私に対する在り方が、すごく安全感があったんです。それで、この方よりキャラクトロジーを学びたいと思いました。美穂子さんの無料セッションを受けたのは、友人2人がキャラクトロジーを学んでいて、すごく良いと言っていたことがきっかけです。

受講前に持っていた「不幸感」

私は、いつもイライラして、人とのつながりを感じられず、孤立感がありました。いつも、このままの私ではダメだと思っていました。
一人でいる時は、ほぼいつも、自分の中の悪魔のような小さい子供・ロウアーセルフに乗っ取られ、脳内で怒りが大爆発していました。良い子と悪い子の私を行ったり来たりして、心が休まる暇がありませんでした。
常に、今の自分ではない、理想の自分になろうとしていました。キャラクトロジーを受け始めたころは、理想の自分=成功したセラピストでした。自分を大きく見せよう、立派に見せようと必死でした。
そのくせ、人を怖がっていました。恋人も長い間おらず、振られてばかりでした。具体的には、リジットの強かった父親との痛い関係を再び作り出し、リジットの強い男性を追いかけ、父親が私に冷淡で暴力的だった状況を、自ら作り上げていました。そして、いつも痛い振られ方をしていました。

受講を始めてからの変化

受講後、そのリジットの強い男性を追いかけるパターンから抜けつつあります。
キャラクトロジーの学びの最中も、リジットの強い男性と良い雰囲気になり、結局、痛い振られ方をする体験をしましたが、最後はその彼とも和解し、今では何でも言える良い友達です。また、現在、リジットの強い男性とデートし始めましたが、彼は私にとても優しく、誠実で、メールの返信も早く、デートも喜んでしてくれる感じで、今までの私が追いかけるパターンとは確実に何かが変わっています。
仕事面では、セラピストとしての収入が学びを始めた頃に比べ、3倍になりました。学びを始める前は、自分を大きく見せようと気張ってセッションを提供し、疲れ果てていましたが、今ではリラックス&真剣にセッションを提供しています。以前は、リピーターさんはそれほど多くありませんでしが、今ではセッションを受けてくれた方100%が、また受けたい、定期的に受けたいと言ってくださいます。

特に聞いて欲しいエピソード

自分に対するイメージが変わりました。以前は、小さい傷ついた私、怒りまくり、人に暴力をふるい、支配したがる悪魔のような私が、本当の自分だと思っていました。だから、私は、人との本当の意味で親密になれないと思っていました。それが、ロウアーセルフとハイヤーセルフモデルを知り、私はロウアーセルフに同一化していただけだと気付きました。今では、自分をもっと大きな存在だと感じています。自分には、素晴らしいエッセンスがあると知っています。
また、現実に対する受け止め方も変わりました。人間は怖くないとわかり、実に生きやすくなりました。それから、自分の本当のパワーを取り戻しつつあります。自分には、自分の世話をする力があると、心から思えるようになっています。自分で自分の世話をしつつ、人と繋がっていくのが、健全な成熟した大人の人間関係だと知り、それを実践しようとしています。
講座を受ける前は、私には自分の世話をする力がなく、誰かに世話をしてもらわないといけないと思っていたのです。そして、自分の世話をすることを、恋愛感情を持った男性に求めていました。

 

Y.N.さん

受講のきっかけ

亡き友人が講座について語っていた時に、いつか絶対に参加しようと思っていました。
でも遠いな~と逡巡していましたが、大阪のワークショップに出て美穂子さんと出会った時に、傷だらけの自分に気付いてびっくりして。

受講前に持っていた「不幸感」

PTSDから回復しとても心が軽くなったのに、どうしてもっと欲しいという願いや望みが出てこないのかが気になっていました。もっともっと本気でこの世に参入したかったのです。でもリアリティがなかった。身体感覚も、愛も、世界があるということも。

受講を始めてからの変化

身体がある! 世界がある! 愛がある! ワオ!

特に聞いて欲しいエピソード

生まれる前のあの平穏をこの世に維持することを試みていたけれど、その止まった世界は偽物の平穏でした。
今は一瞬一瞬が目まぐるしく、虹色。でもその中にあの平穏も確かにある。そして揺らぐこと、身体があることの楽しみがやっとわかり始めています。

 

4419_NzNlNTI5ZGI1MzQwY

 

M.N.さん

受講のきっかけ

ヒーリングを長年受けてましたが、ヒーリングを何回も受けるより、短時間で癒されると、聞きそうなんだあと、そもそも、癒やし癒すて、どういうこと?も、わからないけどただそうなのね、と、いう思いでもし日常から幽霊が消えたらいいなと、なにかはわからないが、なにかが変わるのならと、思い受講始めました。

受講前に持っていた「不幸感」

現実世界を幽霊に侵され、なにが現実なのかよくわからない世界にいて、対人トラブルは、あとをたたない。
家族とも、一触即発でトラブルが起こりそうななかただ平和に過ごしたい、ふつうに過ごしたい、願いながらもトラブル耐えない現状にいました。

受講を始めてからの変化

2回つづけて受講したわけですが、1回目はわけがわからず、また、現状は、目に見えて悪化。一体なにがおこってるんだ、てぐらいドツボにおちながら、1回目をおえ、そのなかでは、なにを学んだか、正直よくわかんないままおわる。
2
回目は、ある程度各キャラの特徴を知ったうえで知りたい部分、わかんない部分を持って、授業にいったおかげですこしは、理解できました。知れば知るほど、現実は、ドツボに落ちる。落ちながらも、そのドツボはなぜおこるのかが、なんとなくみえるようになりました。
ただ現実が好転するわけではなく、じわじわ悪化していた現実が急降下していきました。
いま、考えると、それは、自分なりの清算だったのかなと、おもっています。

特に聞いて欲しいエピソード

キャラクトロジーを知る前は理不尽な現実に、ただ、カチンときて、人になにか嫌な態度をとられると、なんやと、こら!てきに、怒りを持って返してました。生きてる人に対しても、死んでる人に対しても。
キャラクトロジーを知ると相手の嫌な態度にああ、この人は、このタイプだから、と、理由づけができ、そこにあるものが、負の感情のかたまりではなく、そういう絡み方の特徴があるんだな100パーセントが自分に対する悪意では、ないと知り、また、自分の特性をすこしは理解できたため、自分がムキになってやってるその態度に、苦笑することが増えました。
まだ、生きてる人には、あまり、体験体感してませんが、幽霊ていうパワーの弱い生き物での各キャラクトロジーの特有のエネルギーでの絡まれかたに対しては、すごく冷静に、すぐにカチンとくるわけではなく、対応できるようになりました。

 

H.E.さん

受講のきっかけ

20代のうちに結婚したいと思っていたが30歳になり、結婚してほしいと言ってくれる人が現れたが、その人のことは好きではなく、自分が求めていた「結婚」は「幸せ」とかけ離れており、自分が本当に「幸せになる結婚」をしたいと思ったため。

受講前に持っていた「不幸感」

私がこれまで努力した先に「幸せ」がなかったこと。どうにかしたくて頑張っても「幸せ」に近づけず自分を責めていた。

受講を始めてからの変化

いろんな感情的反応が出た。そこから自分の本当の感情に気づいていくことができた。

特に聞いて欲しいエピソード

自分を責めなくなった!自分の価値に気づくことができ、自分を大切にできるようになったら、周りの人からも大切にしてもらえるようになった!

 

K.N.さん

受講のきっかけ

自分の内側の学びは、正直もういいやと思っていました。何年もお金をかけあらゆるセミナーやセッションを受けても、ある程度の学びや変化を得られても大きく現実が変わることはなく、いつものパターンに戻ってしまい学ぶことに疲れていました。そんなとき、信頼できる友人がキャラクトロジーに出会い、少しずつ変化していく姿を身をもってみせてくれたり内容を聞くうちに本当の自分だと思っていた自分がただの防衛であること、自分の取り扱いかたってどういうことだろう?と興味がわき、キャラクトロジーを知ることだけでも現実が変わって行くことや実戦することで現実を変えていける術だというのも魅力を感じ思いきって受講しました。

受講前に持っていた「不幸感」

受講前は、人生で一番心身ともにどん底の失恋をしたばかりでした。人を愛するほどその人が離れていってしまう恋愛パターンを繰返し、女性としての人生を楽しみ幸せへの希望を失っていました。
また、自分がやりたいことはたくさんあるのに、何が自分の本当の喜びでやりたいことなのかわからず、ひとつのことができない自分はだめだと自分への価値を見いだせずにいました。経済的にも一定のところから変わることなく、いつものところに戻っている現実への苛立ちや将来への不安でいっぱいでした。
また、人と自分の感情のエネルギーがごっちゃになってしまい、疲れやすくどこに自分の軸をおいていいのかわからずどうして自分がいつも同じ態度を家族にしてしまうのかとても苦しい状態を繰返していました。

受講を始めてからの変化

自分の真実だと思っていたことが真実ではなくただの防衛をしている自分だったということ、感情だと思っていたことがただの反応であり本当の感情ではなかったことを学んでいくうちに繰り返していた自分のパターンに気づき、やめるというシンプルなことを続けていくことで、まずは、家族との線引きが少しずつできるようになりとても楽になりました。
自分の取り扱いを知ることで相手がやっていることも理解できるようになったので人のせいにすることをやめることもできるようになりました。全ては、自己責任だということを学び、自分を観察することが意識してできるようになりました。

特に聞いて欲しいエピソード

私にとって、現実が大きく変わったのは同じくキャラクトロジーを学んでいた受講生が人生のパートナーになったことです。
キャラクトロジーを知っている者同士の現実化がこんなにも早いのか!と本当に自分でも驚きでした。今まで何十年かけてもどうにも成らなかった恋愛パターンが変わり始め、彼と出会ってわずか半年で結婚がきまった現実のなかには、女の幸せをつかんだという以上に、自分の望んでいた豊かさやエッセンスを生かして自分の喜びを感じていける生活への可能性というたくさんのギフトがありました。また、自分が変わることで家族との接し方にも変化があり、家庭のなかに笑い合えることや許せることが訪れるようになりました。
また、家のなかでも社会でも自分の居場所がなく自分の価値をどこにおいていいのか分からなかったけど、キャラクトロジーを始めてから、同じ仕事の中にも楽しさやあちこちから必要とされる現実が訪れ、今では自分の価値を肯定できるようになり何よりも生きるということが楽しくなりました。

◉キャラクトロジーを学び、感じたこと。
*できないと思っていたことができるようになった。
*相手のエネルギーに乗ることが少なくなり、自分を落ち着いて取り扱うことができるようになってきたので肉体的に楽になった。
*人にはキャラクトロジーのそれぞれの素晴らしいエッセンスがあることを知ることができた。
*人間関係で同じ失敗をしてしまったとしても自分をすぐに責めることがなくなり、また相手にも感情的に攻撃することがなくなった。静かな時間をもち、自分を観察することの 意識が高まった。
*怖いと感じる先には本当の望みや愛があることを知ることができ、やったことない世界に挑戦することで必ず現実に変化が訪れると言う信じられるものを得られたことはとても大きなギフトでした。

自分の取り扱いかたを知り、自分を癒すことにコミットすることで自分の力を取り戻し、パートナーシップが豊かになり幸せを体感することで人に優しくなれた自分がいます。
クラスでもひとりひとりの変化を目の当たりにしました。もっと多くの人が自分を知っていくだけで世の中は、より豊かになり楽しく平和な世界になると感じました。
キャラクトロジーを学べて本当によかったです。ありがとうございます(о´∀`о)

 

Loving young couple embracing and kissing on a summer day outdoors. Man hugging his girlfriend. Enjoying their summer vacation.

 

F.S.さん

受講のきっかけ

パニック障害と診断され、できないことが、どんどん増えて、近所しが外出できなくなり、動きも心も固まって、止まってしまっていた。病院で治療するも、「不安」という根本の部分が、ずっと解決されず、苦しいままだったから。

受講前に持っていた「不幸感」

私は、やらなければならないことをちゃんとできない人間だ
私は、病気になる弱い人間だ
という視点で不幸だと感じていた。
2006
年に病気になって、約10年、パニック発作と付き合い
先の見えないトンネルに、人生を動かすこと、旅にでること
生き生きと生きることを、あきらめていたけど
あきらめきれず、もがいて悩んでいた。

受講を始めてからの変化

8年ぶりに、地元の鈍行の電車にのれるようになりました
家から1キロ圏くらいしか一人で外出できないのが何年も続いていたのが少しずつ出れるようになりました
家でひとりでいると、不安で、それだけでパニックになって気分が悪くなっていたのがひとりでいる時間が平気になり、夜も、ひとりで寝れるようになりました
人と逢うと、意識が朦朧として疲れていたのが自分の中にいるこを知り、落ち着いて、人とかかわれるようになりました
パニックになることを避けていたのが、それも自分の一部だと、体感し体を感じることを、受け入れはじめました
とにかく溶けていく、、といったイメージです。

特に聞いて欲しいエピソード

自分に起こったことを観察者の自己の俯瞰する目線で見られるようになりました
なんとなく感じていた人とあったときに自分から衝動的にでる行動・言動・エネルギー、また、人からうけるものすべてが、なんとなくですが 学びという視点で見れるようになり面倒なことさえも、ネタに感じるようになり、現実が、優しく穏やかなものになりました。

O.C.さん

受講のきっかけ

一番最初のお困り感はバウンダリーの問題。幼少期に安心できるバウンダリーを経験していなかったことから、安心ということもわからない。そして人に侵入されやすい。だからこわい。侵入されないためにグラウディングやバウンダリーを美穂さん以外の方から学び意識したところ、エネルギーを押す、こわいから押す(世界はこわいという自分のイメージに気づいていない。根本を癒していないので)という別の問題が発生し、人間関係にトラブルを生じたこと。事前の体験会で、分離ではなく愛を選択するという美穂さんの考え方に共感し、私もそうありたいと受講を決めました。
また以前から医療現場でヒーリングができたら・・・と漠然と思っていたので、メディカルヒーリングを実践しているヒーラーさんがいると聞いて会いたいと思い受講を決めました。

受講前に持っていた「不幸感」

オーラルディフェンスが一番強く、無価値観をかかえていました。自分には価値がない。という思い。自分のニーズや感情にも気づけない。そもそも私にそんな権利があるなんて信じられない。まわりのことばかりに集中して、他者のニーズを満たすことが自分の役割だと、人が心地よくあるように、人のお世話や人の願いをかなえることを優先させていました。幸せは他者のもの、私にもあるとは信じられない。私が本当にしたいこともよくわからない。そもそも、その体力さえ残っていない。もし時間があれば、力なく横たわっていたいそんな感じでした。
パートナーとの関係も相手にあわせるばかり。スケジュール等何かががうまく調整できないとドタキャンする。それを伝えるのがめんどうくさく、けんかをふっかけてしまいます(自分の希望を伝えて調整することがなんだか面倒くさく、もう行かないなどと冷たく言い放つ)。トラブルを回避しながら、自分の希望を叶えることができなくて、かえってめちゃくちゃにしてしまう感じでした。素直にありがとう。その方が楽でうれしい。こうしてほしいの・・・が言えない。
リジットの傾向から、セクシャリティの問題もありました。心地よくなることへの抵抗。表面的なものにとどまり、内面でサレンダーできない自分がいました。途中でとめてしまいます。肉体の内面で壊れてしまうそんな恐怖がありました。身体が私自身が傷つけられるそんな心配をしてしまっていたのです。そして、そのこわさを隠すように、急にまたパートナーに不機嫌になる。そしてその気になったパートナーの気持ちを傷つけるそんなことをしていました。
またリジットから、緊張すると表面を固めてしまう傾向があります。殺伐としたエネルギーで人に恐怖感を与えていました。職場でも、頑張ろうと思うあまり、勝手に仕事の着地点を決めて、他者をコントロールしながら着地点をめざす。無意識ながら、人を駒のように扱っていました。ゴールは達成するのに、何か殺伐さが残り気分よくない、リーダーシップや人間関係のむつかしさも感じていました。

受講を始めてからの変化

キャラクトロジーを1つずつ学ぶことで、自分がなぜ、何に困っていたのかが明確になってきました。自分の問題点がわからなかったのです。全く。問題点や対処方法を学んだことで、少しずつ楽に生きられるようになりました。取説を手に入れると本当に楽!学ぶことは一生ものの宝です。
まずオーラルの私は、自分のお世話をすることに取り組みました。受講中にレモネードが欲しい子供が「レモネード!レモネード!」と叫んでいるようなもの。そして出てきたものをこれは違うと言う。そんなことするよりレモンなどの材料を自分で買いに行って作った方が楽・・という例えを教えてもらいました。まるで私です。レモネードと叫ぶことをやめようと決意しました。
変化としては、今までは感情反応に入って、パートナーを傷つけていたのですが、感情反応に入らずに、本当の自分のニーズは何かに気づくことができるようになったこと、そしてそのニーズを伝える努力ができるようになったことが大きいです。ガラガラガッシャーンと壊したくなる衝動は今も時々ありますが、踏みとどまることができます。それは大人の対応ではない。私の本当に願っていることではないから。そうすると、パートナーとの関係は劇的に変わりました。愛を選択できるようになりました。そして、学び始めてて8か月くらいでしょうか、そこに愛があったのだ・・・と突然気づくこともできました。はじめからあったのに、気づかなかったのです。静かに愛の存在でいてくれていたのに、わたしがそれを受けいれてなかっただけ。そのことに気づき、大粒の涙を流しました。愛があったと。何も聞かずにパートナーは抱きしめてくれました。ありがとうと伝えました。
セクシャリティの問題も変わってきました。リジットを学んでから、感じることをとめないで、開放することを意識していきました。すると壊れないことが体感覚として理解できるようになり、壊れるという怖さがなくなりました。よい関係性を築けるようになったことがうれしいです。
リジットの表面を固める癖は、まだまだあります。でも以前は無意識でやっていたことを、今はやってしまっても、やめる努力はできる。そしてそのことを「ごめんね・・・」と相手に伝えることもできる。こわくてやってしまうのと正直に言う選択もできる。自分の未熟さを抱えながらも、相手と共に、やりとりしながら生きていけるそんな感じになりました。

特に聞いて欲しいエピソード

以前は楽に生きる選択が自分にはなかった。それが、その選択もあり・・と信じることができる。
世界はこわいものと思っていた。それが、心優しき人がいる・・と信じることができる。
無価値観。それが、私にもエッセンスがある・・と信じることができる。
そして、横たわることを望んでいた私が、メディカルヒーリングを学びたいと自ら行動するようになった。疲れもなく、どんどん行動できる。人間関係も広がって心優しき人との出会いが増えています。生きることが楽しくなりました。今までで一番楽しいです。学んで本当によかったです。

 

Zwei Herzen Liebe Rosen Hintergrund

 

F.A.さん

受講のきっかけ

受講されている友達に母親のことを話した時、「それはサイコパスに当てはまる」と言われて、話を聞くとぴったりと当てはまり、とても納得してもっと深く知りたいと思ったのがきっかけです。
それと「仮面を被っている。本当の自分を出していったらいいよ」と言われ、そんなことない!と抵抗していた自分と、本当の自分ってどういうこと?と疑問に思う自分がいたので思いきって受講を決めました。
1
番の大きな理由は、その友達の人との接し方に魅力を感じたことです。

受講前に持っていた「不幸感」

子供の頃は不幸感を感じながら生きていましたが(否定される。支配される。侵入される)、親と離れて暮らすようになって、解放感から今までのことを頭の中で合理的に処理をして、不幸感を感じないようにしてきていました。
それから、怒りや悲しみ、苦しみを感じないようにと意識的や無意識的にしていて、頭の中と体の感覚がぐちゃぐちゃになっていたことが今思えば不幸感を感じていたのだと思います。(その時はわからないふりをして自分で自分を抑圧していた)
悩むことはいけないこと、負の感情を感じるのはいけないことと自分で決めてしまっていました。
それがしんどいことも気づかず、私はストレスがほとんどないと自分のことを誤解していました。

受講を始めてからの変化

マスクをつけていたことがわかりました。
何故そうなったのか。
マスクの1番下に私のエッセンスがある。
と、いうことを知り、本当の自分と繋がりたい!まずは自分の傷を癒していきたい!と思いました。
今自分が何を感じているのか、自分にとても興味を持ちました。

特に聞いて欲しいエピソード

相手がどのキャラクトロジーに当てはまるのかがわかると、そのディフェンスでこういうことが起こっているというのが少しずつですがわかるようになって、その奥にあるものに目を向けることで自分がとても楽になりました。
受講して大きく変わったのは、自分の反応が起こるのは相手に問題があるのではなく、全て自分だということがわかったことです。

 

S.K.さん

受講のきっかけ

体験型というところにひかれました。頭で理解するだけの学びでは、現実はかわらないので。
心と身体だけでなく、オーラ(自分が発している目には見えないけれど、人に影響を与えてしまうエネルギー)についても学ぶことで、より深く学べるのがいいと思った。(そのように三つのレベルにわたって学ぶという発想のものは新鮮であった。そして、これからの時代にふさわしいと思った。)

受講前に持っていた「不幸感」

人と心からつながり、交流出来ていない感じがあった。人を信頼して心を開けない自分を 寂しく感じていた。

受講を始めてからの変化

自分が人に対して、無意識、無自覚にとっていた態度に気づくようになった。
それによって、ひとを拒絶してしまう自分の在り方をやめていく努力をするようになった。
他者の受け入れ難い言動について、キャラクトロジーを学んだことによって、その人がなぜそのようにふるまうのかを理解できるようになったことで、赦せたり、受容的になった。

特に聞いて欲しいエピソード

自分はどのような存在なのか。自分もみんなも幸せになるにはどうすればいいのか。とい うことをずっと探究し、色々学んできました。
インナーチャイルドを癒すことに関する本。引き寄せや自己啓発に関する本はたくさん出版されていて、それぞれに有効なスキルも紹介されていますが、キャラクトロジーという考え方、人間の見かたを取り入れることで、人間に対する理解が深まり、一気に開けた感じがしました。
この学びは、いじめや、さまざまな人間関係の問題を解決してゆく上で、とても役に立つ素晴らしいものだと思いました。私もこの考え方を伝えてゆければと思っています。そのためのテキストとして本の出版を心から願っています。

 

キャラクトロジービフォーアフター②

キャラクトロジービフォーアフター③

 

 - キャラクトロジー心理学