ハートインタッチアワード

私はごまかし名人【ハートインタッチアワード2021ノミネート作品】

ハートインタッチアワード2021
こころのレスキュー大賞ノミネート作品

【エントリー51】竹内 里香(たけうち りか)

ハートインタッチアワードとは?

ハートインタッチアワード・こころのレスキュー大賞は、誰かに真に心に寄り添ってもらった体験、誰かの心に真に寄り添った経験を通して、真に心に寄り添うサポートとはどんなものかを実例を通して多くの人に広く知ってもらうことを目的に設立した賞です。

エピソード
私は、ごまかし名人なのです。

何をごまかすかと言うと、
自分の本当のことを言うのが嫌。
自分の心の中を悟られるのが嫌。
自分の過去を知られるのは嫌。
過去に関わった人に、私の現在を知られるのも嫌。
むしろ、過去の人たちに、私の生存を知られるのも嫌。

そっとしとして。
過去の私は、悪いことしたから。
過去の私は、苦手。
過去の私は、失敗だらけで、たくさんの人を傷をつけたから。
穴があったら入りたい。
道で会ったら、隠れなきゃ。

を繰り返しているから、今現在もずっと隠し続けないといけない。そして、ちょっと未来は、今を隠す。

 

なので、今、私の名前は2つあります。

林 里香
旧姓で、職場やFacebookで使っている名前。私の本当の名前。

竹内 里香
結婚してからの名前で、マンションの表札や健康保険証の名前。
慣れない、言い慣れない名前。

近頃、出会った人と繋がって、次にFacebookで繋がると、その人が、「竹内さん?林さん?同一人物?違う人?」と軽く混乱されることが増えた。そりゃあ、苗字が違うから、ややこしい。

Facebookで、なぜ苗字を変えないのか?

過去の人に、今の私がバレるから。

 

Facebookに、投稿やいいねも、あまりしたくない。

繋がってる人に、今の私がバレるから。

それでよかったんです。
今の私がバレなきゃ、私は、それでよかったんです。

 

それが、この頃、変わってきた。
心の学びを深める中、

ん?何か、これは生きづらさがある。
本当の私って、どっち?
『私自身』って、一体なんだ?
私のアイデンティティって、なんだ?

ちょっとした違和感を抱き始めた。

この緩やかな変化は、
『違うよ!そっちじゃないよ』と言い続けてくれる人と出会えたから。

そっちじゃない!がわかってくると、
今までの「自分いじめ」に気づいてきた。
『自分のできること』が見えてきた。
今までの積んできた経験の価値が見えてきた。
私の『良さ』が見えてきた。

そうしたら、
やりたいこと!
できること!が、次から次へと湧いてきた。

私の周りにある、キラキラ光るものも見えるし、私の中にある、強くて大きなエネルギーの塊も感じられる。

力がどんどん湧いて来て、
愛情とか優しさも湧いて来て・・・

違ったよね。
過去の私がどうとかじゃないよね。
今の私が、何を選び、何をするのか。
どう生きるのか?

そうしたら、
もっと、人のために生きたいの。
人に寄り添って生きたいの。
子どもが好き。
子どもと、一生懸命に生きているママの力になりたいの。
が、湧いて来た。

 

ん?何か、これは生きづらさがある。
→そりゃあ、そうだろうよ。
だって、ごまかし続けてるんだもん。
マスクで生きるのは、しんどいし、誰とも本音で付き合えないよ。

本当の私って、どっち?
→どっちも何もあるもんか。
林さんがいたから、竹内さんがいるんだよ。
名前なんて、どっちでもいいのだよ。
そこに、ごまかす気持ちがなかったら。

『私自身』って、一体なんだ?
→いやいや。それは、私が決めること。
誰も決めてくれないよ。
自分で選ぶんだよ。どう生きたい?

私のアイデンティティって、なんだ?
→アイデンティティって、何?おいしいものかい?
そんな難しいこと考えなくても、いいんだよ。
真実から動けば、自ずとついてくるものなんだよ。

心の声が、答えをくれる。

さて、そろそろ、
Facebookの名前を変えようか。
ごまかしは、終わり。
そうすることで、きっと過去の私を、もっと好きになれる。
新しいステージに立てる。

『違うよ!そっちじゃないよ』と、真実のところから伝え続けてくれたこと、伝え続けようとしてくれていることを、私は心で受け取ります。
いつも、寄り添ってくれて、ありがとうございます。感謝します。


このエピソードの中で、あなたは何によって癒されたと思いますか? : HITの学びの中
どんな職種・お仕事をされていますか? : 保育士
今回の応募は自薦/他薦ですか? : 自薦

関係性を改善する「アンツイストカップルセッション」モニター募集中

講座受講でポイントがたまる LINEショップカード

-ハートインタッチアワード

Copyright© 一般社団法人 HITキャラクトロジー®心理学協会 , 2022 All Rights Reserved.